--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.05.19(Fri):森に逃げたい


季節が無い風景と言う心象は今更だけど我ながら痛々しく思えて笑ってしまう。トンネルの向こうからは微かに風が吹いてきている。良く見れば何人かトンネルの入口に集まっている。みんな下手くそな曲線を描いてここまで来たようで、とりどりの色の曲線を引きずっている。ゆっくりと一人一人自分の曲線を振り返って気が済んだようにトンネルに入ってゆく。私も振り返ってみた。私の曲線は点線つまり破線であり色はついていない。それも途中で途絶えている。私は仮面を落とした。ここまで被ってきたこと自体、己の意固地な性が悲しい。私の仮面は一重ではない。近いうちにすべて仮面は朽ちて落ちるだろうが、もう遅い。毒虫に噛まれてでもして、トンネルに入っていくのだろう。それが私に相応しい儀式となろう。トンネルは暗いのではない。ただどこに続いているのか見えない。ひたすら寂としているのだ。

スポンサーサイト
2017.04.26(Wed):森に逃げたい
終わらせても終わらせても
今日はやってくる
僕らは気付かないふりをして日々を送ってきたんだ

今年も桜は美しく散った

もう少しで夏は力強くやってくる

僕に残された力はあまりない
知っている
時間を後ろに送っているのではないことを

単に僕が変化しているだけだ
日増しに日差しは強くなっているのに
僕の影は淡い
案外美しいものだ
へへへへ・・・



2017.04.13(Thu):思いつくままに
雨が屋根に桜が雨を散らすのか今日は静かに思える爪だけが伸びて行くのを見続けて月日は過ぎた解放されぬままの疲労が沈殿してゆく壺の底のほうは茶褐色の汁となり日々さらに逃げ場を失う絶望ではない望みを失っていたなら傘をさして雨空を見ただろう悲しいだけなのだ悲しみの理由は知らない理由は言葉になる前に疲労となって沈殿してゆく悲しみをため込んだ壺は腐敗しきった悲しみを残し主を失う日が来る汚れた壺は大雨の日に川に捨てられる





2017.03.23(Thu):思いつくままに
もはや緑色に魂は宿らず
血を吐くにも場所もなく

生まれた時代を恨むな

微笑んで世を去ることもできず

爪を剥がされる痛みを知る者たちよ
俺の牙は削られた

命を捨てる大義すら貶められて

老いてしまった

申し訳ございませんと
言うも虚しく

廃線を歩いております

2017.03.01(Wed):森に逃げたい


水曜日なのに深海魚の夢を見た
ゆうべ食べた深海魚が成仏したのだろう
明日は生ごみ回収の日だから骨は焼かれて炭素になって
深海魚は空高く舞う
僕も誰かが使った炭素でできている

通勤電車の窓は雨で濡れている
快晴の日なのに
今日は水曜日なのだ
深海のように静かな雨が降っていなければならない


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。