2016.02.18(Thu):思いつくままに

子供のころ隣のおばあさんがこめかみに膏薬を貼っていた
頭痛に効くと言って笑っていた
頭痛で笑っていられるんだなと僕は思った
そんなことを思い出しながら僕はさっき鎮痛剤を飲んだ

カレー屋の角を曲がって
いつもの帰り道 自転車で川沿いの道を走る
遠くに団地の明かりが見える
やや斜めにはきれいな月が出ている

団地の明かりと月の光と僕は二等辺三角形を描いている
頭痛を引きずりながら川を覗くと
川に僕が映っている

今日一日のこともすでに思い出せない
明日のことも考えられない
僕は川に映った大きな二等辺三角形に見惚れた

TrackBackURL
→http://hiruneneko33.blog15.fc2.com/tb.php/411-d0d27aa5
Secret