2016.09.06(Tue):思いつくままに

時は今をもって未来と断絶している
過去は記憶にのみあり今に連続してはいない
今は前後を持たない
ましてや中間はない
今は無に相似する
過去のみ認識できる私は過去には存在していない
私は今にのみ存在を許されている

私は今と未来の断層を見ることは不可能である
私の一生は過去と未来の幻想を旅して終えてしまう
長い旅の後半には記憶は劣化し未来を腐食し始める季節が訪れる
この季節は秋の美しさを持ってはいない
過去と未来の両断目から毒が滴り落ちてくる季節である
感得することのむずかしい今は浸蝕されていてもどうすることもできない
ただ過去と未来の毒を増殖させる圃場となる
私というプログラムされた生命体は変化そのものともいえる
断絶している未来に希望を抱き過去に絶望を蓄積し
放物線のような夕暮れに永遠を夢見る




TrackBackURL
→http://hiruneneko33.blog15.fc2.com/tb.php/442-85dd95be
Secret