2016.11.12(Sat):思いつくままに


そうだバイクがある走るはずのマシン手入れだけは長年してきた乗っていないマシンありったけの服を着こんでいけば寒くは無いと言いたい咳をするようなエンジン音は俺にお似合いである甘ったるい感傷がないと移動もままならないのは今に始まったことではないが突き刺さる言葉が老体の銃弾のトリガーになった息子よ感謝するぜ実は息子はお前ひとりではないお前には衝撃だろうがやがてはわかるどうってことはない俺が急に旅立つこともどうってことはない瞬間がつながってゆくこの街道を誰しもが旅をしているだけだ
TrackBackURL
→http://hiruneneko33.blog15.fc2.com/tb.php/450-dcfec02b
Secret